土日にクレジットカード現金化する方法

更新日:2021.11.28
土日にクレジットカード現金化する方法とは?

平日は夜遅くまで仕事でヘトヘト…という人にとって、クレジットカード現金化するチャンスは土日、祝日しかありません。 そこで、土日にクレジットカード現金化する方法を今回は紹介していきたいと思います。

土日対応の現金化業者が増えている理由とは?

そ日でも現金化できる業者が増えてます

今まで、土日、祝日などの銀行休業日に現金化するためには、自分と同じネット銀行口座を持っている業者を探す必要がありました。

土日は通常の金融システムが休止しているため、独自のネットワークで繋がっている、同じネット銀行の口座間でないと振込ができなかったのです。

しかし、2018年10月9日、金融システムの稼働時間拡大が発表され、一部のメガバンクや地方銀行、さらには信用金庫などでも24時間振込が可能となりました。

24時間振込が可能となった、主要な普通銀行口座は以下の通りです。

  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 横浜銀行
  • 千葉銀行 etc…

即日振込はもちろん、高換金率やスピード入金など、細部の条件にこだわった優良店も、記事の後半で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

土日にクレジットカード現金化する時の注意点

土日に現金化する時の注意点

土日にクレジットカード現金化する方法の中でも、1番確実なのが、ネット型業者の利用。 しかし、ある程度の予備知識を身につけておかないと、思った通りにクレジットカード現金化できないことがあるので、注意が必要です。

24時間営業の表記に注意

24時間営業の表記に注意

一早く現金が必要で焦っていると、ネット型業者の公式サイトに掲げられている「24時間営業」という文言に、思わず飛びつきたくなることがあります。

しかし、こういった現金化業者の中には、単に24時間申込を受け付けているだけで、実際に手続きに入るのは数日後だったりするところも!

まさに言葉のトリック!というわけで、いつまでたっても現金化業者から連絡が来ない…という事態を避けるためにも、公式サイトの文言はよく読み込む必要があります。

平日に比べて換金率が低くなる可能性がある

換金率が低くなる

クレジットカード現金化の換金率は、条件によって変動します。

需要と供給の関係もその一因で、週末や月末など、何かとお金の入り用が増える時期は、換金率も低くなります

特に、金銭的な需要が高まるゴールデンウィークやお盆、正月などの連休中は、平日よりもガクンと換金率が低くなることもあるので注意が必要です。

もし現金が必要になりそうなら、こういった大型連休の利用を回避できるよう、資金ショートを見越して早めに申し込むことも作戦の一つです。

土日にクレジットカード現金化できる優良店

土日にクレジットカード現金化できる優良店

ホームページでは土日営業を謳っておきながら、いざ電話すると繋がらない…。 そんないい加減なクレジットカード現金化業者で無駄に時間を取られないよう、最後に土日営業確認済みの優良店を紹介して終わりたいと思います。

換金堂

換金堂

換金堂は、2007年4月に創業した老舗業者です。

クレジットカード現金化の方法としてアマゾンギフト券(amazonギフト券)の買取を導入しており、「現金の受け渡しはしたくない」「家族にバレたくない」といった方も安心して利用できます。

20万円以上の利用で換金率が最大96%になるキャンペーンを実施しているので、高額を利用したい方にはもってこいのオススメ店舗です。

換金クレジット

換金クレジット

換金クレジットは、最短5分という入金スピードの速さに特徴がある現金化業者です。

換金率も最大98%と、高い水準を維持しています。

なお、営業時間内であれば年中無休で入金してもらえるため、土日祝日に現金が必要になった方にもおすすめです。

88キャッシュ

88キャッシュ

88キャッシュは、最大換金率98%と換金率の高い現金化業者です。

振り込みまでの時間が最短8分、8のつく日や8の倍数の日は換金率がアップするなど、社名の通り8にこだわっています。

なお、「最大換金率と実際の換金率が違う」といった話もありますが、88キャッシュでは、最低換金率を保証するなど、クリーンなサービスを心がけています。

まとめ

クレジットカード現金化で楽しい週末を

金融システムの稼働時間拡大によって、土日・祝日でも普通の銀行口座で即日クレジットカード現金化ができるようになりました。

必要な金額を調達して、気持ちの良い休日を過ごしてくださいね。