クレジットカード現金化は本人確認が必須!必要書類についても解説

更新日:2021.11.12
クレジットカード現金化は本人確認不要で利用できる?

クレジットカード現金化は、本人確認不要で利用することはできないのか
その疑問に応えるべく、3つのクレジットカード現金化業者に電話して本当に本人確認が必要なのか?電話して検証してみました。

クレジットカード現金化の本人確認が不要か、現金化業者に電話して検証してみた

実際にクレジットカード現金化業者に電話して本人確認の有無を検証してみた

クレジットカード現金化比較プロでも紹介しているクレジットカード現金化の3社に電話をかけて、本人確認不要かどうかオペレーターに確認をとってみました。
本人確認不要という結論に至るまでのやりとりも詳しく記載するので、クレジットカード現金化が初めてという方はぜひご参照ください。

A社の場合

A社のクレジットカード現金化の場合

落ち着いた声の女性が対応してくれたため、教育の行き届いた様子が印象に残ったA社。

どこか別の場所へ繋がってしまうような電話転送もなく、きちんとオペレーターの方から業者名を名乗ったことから、優良店としての電話対応マナーはバッチリでした。

実際の電話でのやり取り

「現金化の申し込みを行いたいんですけれども」

「かしこまりました。申し込み前に確認をさせていただいたい事項があるのですが、よろしいでしょうか?」

「はい、大丈夫ですよ」

「ありがとうございます。確認なんですけれども、弊社の提供させていただくサービスが賃金借り入れとは異なることはご存知でしょうか?」

(中略)

「つきましては、利用者様の身分を証明される保険証運転免許証などありましたら、ご確認を取らさせていただきたいと思います」

「あー、、、本人確認なしでの取引は難しいですかね?」

「そうですね、弊社といたしましては、本人確認ができるものをスマホで撮影、Eメールで送付していただいて初めてサービスを提供させていただくことが可能となります」

A社のオペレーターは、取引の認識についての確認、利息などを上乗せした過剰請求は行っていないという内容を自ら進んで話してくれました。

このように誠実な経営が窺えるA社では、どうやら本人確認を行って初めて現金化が出来るという仕組みが徹底化されている模様。

それから数回、本人確認不要での取引を頼み込んでみましたが、丁寧な口調で断られてしまったため、しぶしぶ電話をきりました。

優良店のA社では厳格な本人確認が必要という結果で終わりました。

B社の場合

B社のクレジットカード現金化の場合

続いて、B社へ申し込みの電話をかけてみました。

創業12年という実績を誇る老舗業者だけあって、他の場所への電話転送なども特になく、スムーズに男性のオペレーターへと繋がりました。

ただし、長年利用者の対応を行っているせいか、口調はややフランク。
オペレーターの訓練を受けているとは言い難いので、人によっては好き嫌いが分かれる対応かもしれません。

実際の電話でのやり取り

「すみません、クレジットカード現金化の申し込みを行いたいんですけれども」

「はい。お名前を最初にお伺いしてもよろしいでしょうか」

「えっと、〇〇(私の名前)です」

「はい。〇〇(私の名前)さんですねー。ご希望の金額はいくらでしょう?」

「はい、3万円ほどの現金化を希望しています」

「3万円だとウチでは換金率が77%になりますね。手数料とかの関係で。10万円を越えるともう少し数値が高くなるんですけど」

中略

「具体的な取引手続きには〇〇(私の名前)さんの身分を証明する免許証とかが必要なんですけど、今お持ちですか?」

「こちらでの取引は本人確認不要だと伺ったのですが」

「うーん、すみません。こちらとしても利用者が本人がわからないとどうも。身分証明証のご提示がないとお取引は難しいですねー」

相手の提示する換金率を了承した後、本人確認の話題へと移りましたが、B社でも本人確認不要での取引は不可能との回答が得られました。

口調こそ砕けているものの、個人情報をしつこく聞かれたり、無理矢理引き止めるようなアクションは見られなかったため、B社も誠実対応の優良店だと判断できます。

C社の場合

C社のクレジットカード現金化の場合

最後に電話をかけたのは、ややずさんな印象を受けたC社です。

前述した2社と比較しても、ことさら口調が激しかったり、おざなりな対応ではなかったC社。
しかし、申し込み前に若干気がかりなやりとりがあったので、それも記録として残しておきます。

実際の電話でのやり取り

「すみません、クレジットカード現金化の申し込みを行いたいのですが」

「はい。あのー、すみません、担当の者が少し席を外しておりまして、改めてご対応させていただく形になってしまうので、お電話番号を伺ってもよろしいでしょうか?」

電話転送こそありませんでしたが、利用者に対して電話番号を聞いてくる意味がどうも分かりません。そこで少し返答に躊躇していると、追撃。

「あのー、もしもし、折り返しお電話したいので、利用者様のお電話番号をお教え願いますか?」

「今から申し込みは出来ないのでしょうか」

「そうですねー、担当の者がおりませんので、しばらくお待ちいただくことになってしまいますね」

「そうですかー。すみません、急ぎなもので。今回は取引をやめて改めて出直します」

「あー、はい。失礼します」

「すいません。最後に質問したいことがあるのですが」

「はい。なんでしょう」

「こちら本人確認不要と伺っているのですが、本当でしょうか?」

「あー、はい。うちはなしで現金化サービスを提供しておりますね、クレジットカード両面のコピー等必要な書類さえいただければ、取引を行わせていただきます」

前者2つとはちがって、本人確認のかわりにクレジットカードの両面コピーを要求してきたC社。

クレジットカード両面のコピーは、本来現金化の手続きに不必要なので、どうも怪しい。。。

と思った私は言葉を曖昧に濁して取引を中断する旨を伝え、そのまま電話を切ることにしました。

確かに本人確認不要で利用できるクレジットカード現金化サービスもあるようですが、どうも健全経営には見えなかったため取引するのはやめた方が良さそうです。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

結論:現金化に本人確認は必須!

結論:クレジットカード現金化に本人確認は必須!

以上3業者への電話確認を通して分かったのは、優良店では本人確認が必要という事実です。

A社やB社のように、優良店としてのサービス提供を徹底している業者に関しては、安全性という観点から本人確認不要で取引、というわけにはいかないようでした。

本人確認不要の業者は悪質な詐欺業者の可能性が高い

本人確認不要の業者は悪質な詐欺業者の可能性が高い…

C社のように、本来は現金化に必要ない個人情報を聞き出そうとしてくる業者は、本当に信頼出来る優良店とは言い難いです。

また、真昼間の営業時間内に、対応出来る人が1人もいないというのも、何だか気になるおかしな話。

闇金や消費者金融などに個人情報を売却する悪徳業者の可能性も考えられるので、たとえ本人確認不要だとしても利用しない方が賢明だと言えるでしょう。

2回目以降は本人確認不要で利用できる

2回目以降の現金化は本人確認不要で利用できる

ええ、クレジットカード現金化には本人確認がいちいち必要なの…と落ち込んでいる方に吉報です!

A社とB社に重ねて質問をしたところ、どうやら本人確認が必要なのは最初の申し込み時だけ

2回目以降であれば既に本人が特定できているため、本人確認不要で取引ができるとのことです。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

クレジットカード現金化で本人確認が必要な理由

クレジットカード現金化で本人確認が必要な理由とは?

それでは、一体どうしてクレジットカード現金化には本人確認が必須なのでしょうか?
気になるその理由についても解説します。

クレジットカードの不正利用を防ぐため

クレジットカードの不正利用を防ぐ

まず1つ目の本人確認の理由としては、クレジットカードの不正利用を防ぐ目的が挙げられます。

クレジットカード現金化業者にとっては、とにかく利用者との間でトラブルを起こさないことが長期経営と回収リスク削減のコツ。

利用者がもし知り合いや家族名義のクレジットカードを無断で使用していた場合、後で名義人本人から取引中止の申し出があるかもしれません。

最悪の場合、警察沙汰に発展してしまう可能性もありますから、名義人と申し込み人の一致を確認することは大切な作業なのです。

優良店として古物営業法を遵守しているため

優良な現金化業者として古物営業法を遵守する

本人確認を徹底する2つ目の理由は、クレジットカード現金化業を営む上で、業者側が守らなければならない古物営業法を遵守するためです。

古物営業法は、中古品の売買を行う者が、誠実な取引を成立させるように定められた法律。

商品を利用者から買い取ってその売値を渡すクレジットカード現金化業も、やっていることは中古品売買と同じなので、古物営業法に従う必要があります。

盗品が市場に流出しないよう、商品買取の際には必ずお客に本人確認を行うというのが、古物営業法のきまりのうちの一つですから、クレジットカード現金化業者もそれを守る義務があるというわけです。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

必要書類を悪徳業者に渡した場合の被害

必要書類を悪徳な現金化業者に渡した場合の被害とは?

過剰な個人情報開示や必要書類提示を求めてくる業者は、悪徳業者の可能性が高いです。
もし判断がつかずに必要書類を渡してしまえば、以下のような被害を受ける危険性があるので注意しましょう。

クレジットカードの不正利用

クレジットカードを不正に利用されてしまう…

1番に避けるべき被害は、クレジットカード情報を抜き取られたことによる不正利用です。

セキュリティーコードやクレジットカード番号を抜き取られてしまうと、利用者のカードの実物を持っていなくとも、勝手にお金を借りたり商品を購入したりといった悪用が簡単にできてしまいます。

利用者本人も知らぬ間にクレジットカード情報を抜き取られて、突然自宅にクレジットカード会社から高額な明細書が届くなんて被害も実際に存在するので、クレジットカード情報を共有する時は慎重に判断してください。

闇金業者への個人情報が流出

闇金業者へ個人情報が流出

次に被害として大きいのは個人情報の流出です。

ここでいう個人情報とは、氏名や電話番号、メールアドレス、銀行口座番号など、優良店との取引でも必要な書類から漏れる情報も含まれています。

クレジットカード現金化の利用者の中には、多重債務者やブラックリスト登録者といった公的機関での借入が不可能である場合も多く、そうした方は闇金業者やグレーな消費者金融などからすれば格好の顧客です。

だからこそ悪徳業者は、必要書類から得た利用者の情報を内通している闇金業者などに売って収益を得ているので、個人情報を悪徳業者に共有してしまうと、闇金業者からの押し借しや借入の強要などの被害にあう危険性があるので注意してください。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

必要書類を悪徳業者に悪用されないための対策

必要書類を悪徳業者に悪用されないための対策とは?

クレジットカード現金化で必要書類を悪用されないためには、以下の対策が有効です。

被害を受けたら国民生活センターや消費者生活センターへ相談

悪用被害を受けたら生活センターへ相談しよう

国民生活センターは日頃の生活の中で生じたトラブルを相談できる公的機関で、消費者生活センターも、国民生活センターと連携して国民の相談を受け持つ役場です。

どちらもクレジットカード現金化で起きたトラブルの相談に乗ってくれる機関なので、もし必要書類から悪徳業者の被害を受けてしまったら、ひとまずこれらに報告を行いましょう。

法的知識を持つスタッフを在籍させているため、悪質な取引から受けた被害であれば相応の対応をうってくれます。

クレジットカードの凍結処理を行う

クレジットカードの凍結処理を行おう

もしセキュリティーコードやクレジットカード番号を盗まれてしまった可能性が少しでもあるのならば、すぐにカード会社へ連絡をして凍結処理を行いましょう。

もし悪徳業者にクレジットカードの不正利用をされてしまったとしても、カードの凍結処理を行うことでそれ以上の被害を食い止めることが可能です。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

必要書類を悪徳業者に渡した場合の被害

必要書類を悪徳な現金化業者に渡した場合の被害とは?

過剰な個人情報開示や必要書類提示を求めてくる業者は、悪徳業者の可能性が高いです。
もし判断がつかずに必要書類を渡してしまえば、以下のような被害を受ける危険性があるので注意しましょう。

クレジットカードの不正利用

クレジットカードを不正に利用されてしまう…

1番に避けるべき被害は、クレジットカード情報を抜き取られたことによる不正利用です。

セキュリティーコードやクレジットカード番号を抜き取られてしまうと、利用者のカードの実物を持っていなくとも、勝手にお金を借りたり商品を購入したりといった悪用が簡単にできてしまいます。

利用者本人も知らぬ間にクレジットカード情報を抜き取られて、突然自宅にクレジットカード会社から高額な明細書が届くなんて被害も実際に存在するので、クレジットカード情報を共有する時は慎重に判断してください。

闇金業者への個人情報が流出

闇金業者へ個人情報が流出

次に被害として大きいのは個人情報の流出です。

ここでいう個人情報とは、氏名や電話番号、メールアドレス、銀行口座番号など、優良店との取引でも必要な書類から漏れる情報も含まれています。

クレジットカード現金化の利用者の中には、多重債務者やブラックリスト登録者といった公的機関での借入が不可能である場合も多く、そうした方は闇金業者やグレーな消費者金融などからすれば格好の顧客です。

だからこそ悪徳業者は、必要書類から得た利用者の情報を内通している闇金業者などに売って収益を得ているので、個人情報を悪徳業者に共有してしまうと、闇金業者からの押し借しや借入の強要などの被害にあう危険性があるので注意してください。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

安全にクレジットカード現金化できる優良店ランキング

おすすめ優良店①:換金堂

即日現金化日本どこでも当日入金

換金率
最高90~96%
振り込みまでの時間
最短10分
営業時間
8:00~21:00

手数料は無料!カードトラブル0件の優良店

換金堂は全国どこでも即日入金で手数料は0円。創業13年の老舗で、カードトラブルは0件なのでカード会社にバレる心配もない優良店。
20万円以上の利用で換金率は3%UPするのでお得です。

換金堂の公式サイト

おすすめ優良店②:換金クレジット

換金クレジット

換金率
88~98%
振り込みまでの時間
最短5分
営業時間
8:00~21:00
メールでの申し込みは24時間受付中

換金率は98%!業界No1!

換金率は驚異の98%で業界トップの優良店、最短5分のスピード対応で、大口利用の方を優遇しています。個人利用だけでなく、個人事業主や法人にもおすすめ。

換金クレジットの公式サイト

おすすめ優良店③:88キャッシュ

88キャッシュ

換金率
88~98%
振り込みまでの時間
最短5分
営業時間
10:00~20:00

法人プラン充実!8の付く日と倍数は換金率UP

換金率は最低88%を保証の優良店。他業者からの乗り換えキャンペーンや、8の付く日と倍数は換金率UPなど充実。法人プランが充実していることも特徴です。

88キャッシュの公式サイト

おすすめ優良店④:換金館

換金館

換金率
88%〜最大98.4%
振り込みまでの時間
最短5分
営業時間
9:00~23:00

換金館はクレジットカード現金化だけでなく、amazonギフト券の買取や、携帯料金の現金化(キャリア決済)など幅広い現金化に対応している老舗優良店です。

幅広い現金化に対応しているのにも関わらず、創業してからカードトラブルゼロ件ですので、安全性に関してもしっかりと担保されています。

クレジットカード現金化したいけど、持っているクレジットカードが対応できるかわからないという方には、クレジットカード以外の現金化の対応ができる換金館がおすすめです。

換金館の公式サイト

まとめ

クレジットカード現金化は基本的に本人確認が必須!

最後に記事でわかったことをまとめます。

  • クレジットカード現金化の優良店では本人確認が必要
  • 本人確認不要のクレジットカード現金化業者は悪徳業者の危険性が高い
  • クレジットカードの不正利用防止や法律の遵守のために本人確認が必要
  • クレジットカード現金化の本人確認は身分証明書があればOK
  • 現金化の必要書類は身分証明書やそれを持った利用者の画像、公的な郵便物の3つ
  • クレジットカードのセキュリティーコードやカード番号は提出しないこと
  • 必要書類の悪用でクレジットカードの不正利用や個人情報流出などの被害にあう
  • 必要書類を悪用されたら国民生活センターへの相談やカードの凍結手続きを行う

本人確認不要な方が都合が良いからといって、悪質なクレジットカード現金化業者に利用してしまうと、個人情報の漏えい決済料金の不当請求などの被害を受ける可能性があります。

クレジットカード現金化では、確かに必要書類の悪用から、カードの不正利用や個人情報の流出などの被害も実際に報告されていますが、誠実に取引を行う優良店であれば、必要書類を渡しても問題はありません。

正しい知識を身につけて、安全にクレジットカード現金化を行いましょう!

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ