クレジットカード現金化を疑われた時の対処と利用停止になりやすい商品と対策方法

更新日:2021.07.08
クレジットカード現金化を疑われた場合に利用停止になる仕組みと対策とは?

クレジットカード現金化は、カード会社の利用規約に違反しているため、
最悪の場合、カードの利用停止や強制解約の処分となってしまいます。

そこで、今回はクレジットカードが利用停止になる仕組みと対策、そしてクレジットカード現金化を疑われずに行う方法をご紹介していきます。

クレジットカードが利用停止になる仕組み

まずはクレジットカード現金化を疑われた場合、どのような経緯を経てクレジットカードが利用停止となってしまうのか、順を追って解説します。

クレジットカード現金化を疑われた場合の利用停止までの流れ

クレジットカード現金化を疑われた場合の利用停止までの流れとは?

それでは、クレジットカード現金化の利用をカード会社に疑われてから、カードが利用停止になるまでの流れをご紹介します。

①自動検知システムでストップがかかる

クレジットカードの利用状況は、カード会社の自動検知システムによって24時間365日監視されています。
自動検知システムは人間の代わりに不正利用が疑われるようなカード利用をチェックしてくれるシステムであり、過去の不正利用のデータを基準に不正利用の疑いがあるカードを自動検知しています。

つまり、この自動検知システムによって現金化が疑われた場合、いったんクレジットカードは利用停止になってしまうのです。

②カード会社から確認の電話が来る

自動検知システムに疑われると、カード利用にストップがかかってしまいますが​、これはあくまでも一時的な利用停止
不正利用であった場合に、これ以上の被害拡大を防ぐための暫定的な処置であり、クレジットカード現金化を疑われただけで完全にバレたわけでありません

ここからは本当にクレジットカード現金化を行ったのかを調査するために、カード会社から電話がかかってきます。

「クレジットカードが不正利用されてはいませんか?」
と、まずは不正利用の疑いの確認から始まり、
「何を買ったのか」「商品は自分で購入したのか」「購入目的は何か」
など、事細かに質問をされることになります。

ここでうまく誤解を解くことができれば、晴れて一時停止は解除され、再びカードは利用可能になりますが、上手く疑念を晴らせなかったり、クレジットカード現金化の疑いが強まると、本格的にカードが利用停止となったり、強制解約などの処分を受けることになってしまうのです。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

クレジットカード現金化を疑われても利用停止を防ぐ対策

先程述べたようにクレジットカード現金化の利用を疑われてカードが利用停止になってしまう人は、自動検知システムに引っかかっています。
しかし反対に考えれば、自動検知システムに引っかからないようなカード決済を行うことができればクレジットカード現金化の利用を疑われることはないです。

そこで自動検知システムが作動する条件から、クレジットカード現金化を疑われないための対策を考案したので紹介していきます。

換金率の高い商品でクレジットカード現金化しない

換金率の高い商品でのクレジットカード現金化は危険!

現金化によく使われる換金率の高い品物をクレジットカードで購入すると、自動検知システムが作動する可能性が高いです。

特にクレジットカード現金化の定番である新幹線回数券や商品券などといった金券類は、特に引っかかりやすくなっています。

新幹線の回数券に関しての規制はカード会社独自の基準になるので正確な条件はわかりませんが、カード会社によっては数枚以上で自動検知システムが作動する、といったような枚数制限を設けているところもあるようです。

また、金券類に次いで人気の高い、ブランド品や家電なども要注意。
普段ブランド品を使わない人が急に購入したり、一台あれば事足りるはずの家電を大量に購入すると、クレジットカード現金化を疑われて利用停止になってしまうようです。

キャッシング枠を使い切った状態でクレジットカード現金化しない

キャッシング枠がない状態でのクレジットカード現金化は危険!

クレジットカード現金化をしたい人は、ショッピング枠の現金化に頼る前にキャッシング枠を利用し、キャッシング枠に余裕がなくなったからクレジットカード現金化を利用するというパターンがほとんどです。

だからこそ、カード会社はキャッシング枠を限度額ギリギリまで使っている人のカード決済の状況を特に注意してみています。

キャッシング枠を最大限まで使い切り、ショッピング枠の利用が激増するというのは、通常では考えられないため、クレジットカード現金化を疑われて利用停止になる最大の原因です。
なので、キャッシング枠を使い切った状態ではクレジットカード現金化をしないということが、カード会社に疑われないようにする対策のひとつとなっています。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

クレジットカード現金化は利用規約違反にあたる

クレジットカード現金化は利用規約違反にあたる

結論から言うと、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約違反となります。 クレジットカードのショッピング枠は、買い物での利用を目的に作られているのであって、お金を手に入れるためのものではないからです。

要するに、「お金を借り入れるためにはキャッシング枠を設けているので、そちらを使ってくださいね。」というのが、カード会社の言い分。

何万人という人のお金を立て替えているカード会社からしたら、使途不明のお金を、誰がいくら借りているのか分からないなんて考えるだけで怖すぎます。

クレジットカード利用停止は、第一にその抑止力として、そして第二にそれ以上の被害の拡大を防ぐため、ショッピング枠現金化のペナルティとして定められているんですね。

利用停止って具体的にはどうなるの?

利用停止、具体的にはどうなる?

クレジットカードが利用停止になると、文字通りそのクレジットカードは一定期間決済できなくなります

その期間に決まりはないので、短いと3〜10日ほどで復活するところもあれば、利用停止のまま更新時期を迎えて、そのままカードが解約になってしまうケースもあります。

基本的には、行為の悪質性や、クレジットカード発行元の現金化に対する姿勢に左右されると考えてください。

1枚が利用停止になると他のカードも危ない

1枚のカード利用停止が悪夢をもたらす

クレジットカードがちょっと止まるくらい平気、平気!と思っていませんか?

金融機関は信用情報を共有しているので、1枚でもクレジットカードが利用停止になると、他のカードも重づる式に利用停止になる恐れがあります。

さらに、カード会社によってその行為が悪質だと判断されれば、強制解約利用残高の一括請求など、さらに厳しい措置が待っているので注意しましょう。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

カード会社から電話が来たときの対処法

カード会社からの電話?!慌てないための対処法

不正利用が疑われるようなカード決済を感知すると、クレジットカードは自動的に止まります。しかし、この利用停止はあくまでも仮の段階。まだ本格的な処置が決まっているわけではないので、対処方法さえ間違えなければ利用停止を解除できます

何を聞かれる?カード会社からの質問

何を聞かれる?カード会社からの質問

クレジットカード現金化が疑われるのは、高換金率商品の決済や、月の平均利用額に対して急激にショッピング枠を消費した場合です。 こういった普段とは違う消費行動をすると、その購入意図を確かめるために、カード会社から電話がかかってくることになります。

しかし、どんなに疑っていてもカード会社がいきなり「あなたはクレジットカード現金化しましたね!?」と詰め寄ってくることはありません。

第三者の不正利用という可能性も同じくらい考えられるからです。

むしろ被害者という立場や、純粋に欲しいものを買っただけという可能性が考えられる以上、オペレーターも低姿勢

丁寧な口調で、主に以下の質問を投げかけてきます。

  • 商品を自分で購入したかどうか
  • 商品の購入日時
  • 商品の購入目的

上記の回答によって「第三者の不正利用ではないか」「換金目的の購入ではないか」という2点を見極めようとしているんですね。

現金化がバレないための回答方法

現金化がバレないための回答方法

オペレーターとの電話でしどろもどろの対処をすると、クレジットカード現金化がバレます。 普段あまりカードを使っていない人や、クレジットカード現金化が疑われやすい商品を購入した際は、事前に言い訳を考えておきましょう。

例えば新幹線回数券を1セット購入した場合は、出張遠距離恋愛などの言い訳が適当。

商品券や百貨店共通券などのその他金券類であれば、ゴルフのコンペや会社のイベントの景品で使うということにするのもオススメです。

また、クレジットカード現金化に厳しいカード会社だとすでに転売していないか調べるために、券面のコピーを要求してくることがあります。

こういった時の対処法としては、金券ショップで売りに出す前にあらかじめコピーをとっておくと安心です。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

クレジットカードが利用停止になった場合の対処法

もし利用停止になってしまったら?

自社に損害が出る可能性を考えると、疑わしきは罰せずという甘い対処ではカード会社もやっていけません。 このため、どれだけうまい言い訳を考えても、利用額カードヒストリー(信用履歴)によっては、有無を言わさずクレジットカードが本格的に利用停止になる可能性があります。

もし本格的にクレジットカードが利用停止になってしまったら、誤解がとけるまで一生懸命カード会社に電話をかけ続けるか、おとなしく解除されるのを待つしかありません。

利用停止の期間について明確な決まりはないため、対応はカード会社によって異なります。

早ければ3日〜10日間で解除されますが、クレジットカード現金化に厳しいカード会社なら、利用停止のままカードの更新時期を迎え、そのまま解約という厳しい展開が待ち受けていることもあります。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

クレカが利用停止になりやすい人の特徴

クレジットカードが利用停止になりやすい人の特徴

実は、同じ内容でショッピング枠の現金化をしても、特にカードが利用停止になりやすい人というのが存在します。 その特徴と理由を解説しますので、自分が当てはまっていないかチェックしておきましょう。

キャッシング枠をギリギリまで使っている人

キャッシング枠を使い切っている人

キャッシング枠を使い切ってしまった人は、ショッピング枠現金化に流れるという傾向があります。

カード会社もそれを把握しているので、キャッシング枠を限度額ギリギリまで使っている人は特に気をつけて監視しています。

お金のない人がカードで高額商品を購入していたら、怪しまれて当然です。

返済が遅れがちな人

返済が遅れがちな人

カード会社にとって1番避けたいのは、貸したお金が回収不能になることです。

クレジットカード現金化を禁止している理由もそれを防ぐためですから、ただでさえお金を滞納ぎみの人には警戒MAX

キャッシング枠を使い切ってしまった人同様バッチリ監視されているので、少しでも不自然な消費行動をすれば利用停止は免れません。

普段クレジットカードをあまり使っていない人

普段あまりクレジットカードを使わない人

普段から月10万円くらいのカード利用がある人が5万円決済するのと、今まで1円もカードを使っていなかった人が5万円決済するのは、ハッキリ言って重みが全然違います。

単純な話、利用実績が少ない人はカード会社からまだ信頼を得ていないんですね。

3千円など、細々とした決済が蓄積したのであれば、「カードを使う生活を始めたのかな」と思ってもらえますが、一気にどかっと何万円もの決済があると、不審がられてしまうのは必須

同じ理由で、クレジットカードを作ったばかりの人も非常に現金化の疑いをかけられやすいです。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

クレジットカード現金化を疑われずに行う方法

クレジットカード現金化を疑われずに行う方法とは?

先程紹介した対策は、自分でクレジットカード現金化を行うことを想定したものですが、もっと手っ取り早く、カード会社に疑われずにクレジットカード現金化を行う方法があります

それはズバリ「キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者を利用する」ということです。

キャッシュバック方式の現金化業者を利用する

キャッシュバック方式の業者で疑われずにクレジットカード現金化できる!?

クレジットカード現金化は、自分で行うよりも業者を通したほうがバレるリスクは低いといわれています。
なぜなら、個人と違って現金化を専門に取り扱う業者であり、企業単位でカード会社にバレないような施策を実施しているからです。

また、クレジットカード現金化業者の中でも、キャッシュバック方式を採用している業者を利用すると良いでしょう。

クレジットカード現金化業者の中には買取方式キャッシュバック方式という二つの種類が存在しているのですが、各業者の仕組みを見る限り確実に疑われたくないならキャッシュバック方式がおすすめです。

キャッシュバック方式は、パワーストーンやおもちゃの指輪などをアクセサリーとして購入し、キャッシュバックという形で利用客に現金を振り込んでいるため、客観的には価値が測りづらい商品を扱うので、カード会社の自動検知システムにひっかかる心配はまずありません。

しかし、キャッシュバック方式の業者を選ぼうと思っても、どの業者を選択すれば確実にカード会社に疑われることなくクレジットカード現金化できるのか、わからない人も多いでしょう。
そこで、当サイトがここなら絶対カード会社に疑われずに現金化できると自信を持っておすすめする優良店をご紹介します。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

クレジットカード現金化を疑われずにできる優良店

クレジットカード現金化の優良店

クレジットカードを利用停止から守るためには、カード会社と長年戦い続けた実績のある老舗優良店の利用がオススメ!ここでは、当サイトが徹底調査した優良店をご紹介します。

おすすめ優良店①:換金堂

即日現金化日本どこでも当日入金

換金率
最高90~96%
振り込みまでの時間
最短10分
営業時間
8:00~21:00

手数料は無料!カードトラブル0件の優良店

換金堂は全国どこでも即日入金で手数料は0円。創業13年の老舗で、カードトラブルは0件なのでカード会社にバレる心配もない優良店。
20万円以上の利用で換金率は3%UPするのでお得です。

換金堂の公式サイト

おすすめ優良店②:換金クレジット

換金クレジット

換金率
88~98%
振り込みまでの時間
最短5分
営業時間
8:00~21:00
メールでの申し込みは24時間受付中

換金率は98%!業界No1!

換金率は驚異の98%で業界トップの優良店、最短5分のスピード対応で、大口利用の方を優遇しています。個人利用だけでなく、個人事業主や法人にもおすすめ。

換金クレジットの公式サイト

おすすめ優良店③:88キャッシュ

88キャッシュ

換金率
88~98%
振り込みまでの時間
最短5分
営業時間
10:00~20:00

法人プラン充実!8の付く日と倍数は換金率UP

換金率は最低88%を保証の優良店。他業者からの乗り換えキャンペーンや、8の付く日と倍数は換金率UPなど充実。法人プランが充実していることも特徴です。

88キャッシュの公式サイト

おすすめ優良店:換金館

換金館

換金率
88%〜最大98.4%
振り込みまでの時間
最短5分
営業時間
9:00~23:00

換金館はクレジットカード現金化だけでなく、amazonギフト券の買取や、携帯料金の現金化(キャリア決済)など幅広い現金化に対応している老舗優良店です。

幅広い現金化に対応しているのにも関わらず、創業してからカードトラブルゼロ件ですので、安全性に関してもしっかりと担保されています。

クレジットカード現金化したいけど、持っているクレジットカードが対応できるかわからないという方には、クレジットカード以外の現金化の対応ができる換金館がおすすめです。

換金館の公式サイト

クレジットカード現金化で利用停止になりやすい定番商品

ここまで、カード会社に疑われることなくクレジットカード現金化をできる優良店を紹介しましたが、なかには「自分で商品を購入してクレジットカード現金化をしたい」という方もおられると思います。
ここでは、そんな方に対してクレジットカード利用停止になりやすい定番商品」をご紹介します。

①新幹線回数券

新幹線回数券

クレジットカード現金化の代表的な商品なのが、新幹線回数券です。 金券ショップにて95%%前後という高い換金率で買い取ってもらえる反面、カード会社の警戒がかなり強くい商品となっています

クレジットカード現金化が流行りだした頃、あまりにも多くの人が現金化目的で新幹線回数券を購入したため、現在では1セット(6枚綴り)を購入しただけでも、カード会社から電話がかかってくる可能性があります。

利用目的を聞かれた時のために、出張や遠距離恋愛などの言い訳を事前に考えておくべきです。

回答がしどろもどろだと、クレジットカード現金化目的だと疑われて利用停止になる危険性があるからです。

自宅や勤務地の最寄停車駅を指定しよう
いくら高換金率だからといって、むやみに東京ー新大阪間など人気区間を購入するのは危険です。 自宅や職場と関係のない区間を選ぶと、それだけでクレジットカード現金目的の疑いが加速します。

対策することで疑われる可能性は低くなりますが、新幹線の回数券というだけでリスクが高いのでおすすめできない商品の1つです。

②金券類

金券類

換金性の高い商品として新幹線の回数券と並んで代表的なのが金券類。 その中でも特に需要の高い商品券全国共通百貨店の購入は、カード会社の監視の目も厳しくなっています。

高級ブランド品を転売する場合、どれが高値で売れる商品なのかを見極める必要がありますが、金券類はそういった鑑識眼がなくても高い換金率での現金化が狙えます

グループ会社の商品券であれば、公式サイトからクレジットカード購入ができますが、送料が発生したり、贈答品だと偽って依頼するなど、怪しまれないための工夫が必要です。

③ブランド品

ブランド品

エルメスやヴィトンなどの高級ブランド品は中古でも高値で売れるため、ショッピング枠の現金化に使われやすい商品。 いつもはあまりカード決済しない人が、こういったバッグやアクセサリーを購入すると怪しまれる危険性が高いです。

普段とは違う決済をすると、クレジットカード現金化目的だと怪しまれる確率があがります。

つまり、同じ高級ブランド品をカード決済しても、もとからちょくちょくこういったお買い物をしていた人と、そうでない人では扱いが違ってくるのです。

実際、今までカード利用も少なかった私の友人は「15万円のロレックスの腕時計を購入したらクレジットカードがカード会社からの連絡が入った」と話していました。

利用停止になりにくい商品を紹介

利用停止になりにくい商品

絶対にカード会社にバレないという確信を持たない個人では、クレジットカード現金化に利用停止リスクはつきものです。 それでもあえて自分でやりたいという方のために、現金化に使っても利用停止になりにくいという商品を紹介します。

①Amazonギフト券

Amazonギフト券

Amazonギフト券とは、アマゾンの公式サイトから購入できる電ギフト券。

購入から転売まで全てオンライン上の手続きで済ませられる上、優良店であれば初回買取価格は80%前後なので、クレジットカード現金化をしたい方にピッタリです。

しかし、最近amazonギフト券を使ったクレジットカード現金化が増加傾向にあり買取率(換金率)が低くなっている傾向にあります。

また、クレジットカード会社は欺けても、Amazonからのペナルティが厳しくなっている状況にあります。転売目的のamazonギフト券購入がバレた場合、購入に使ったamazonアカウントがBANされたり、利用制限される可能性があります。

徐々にamazonギフト券を使った現金化も厳しくなってきているので、カード会社からの利用停止やアカウントBANのなど複数のリスク背負うくらいなら、クレジットカード現金化業者を使うほうが安全でしょう。

②ゲーム・家電類

ゲーム・家電類

クレジットカード現金化の定番商品に代わるものとして、最近では家電類ゲーム類が台頭しています。 ブランド品と違って誰でも1つは購入する可能性があるものなので、カード会社に疑われにくいというメリットがあります。

1万円〜3万円くらいの家電商品を複数個使って現金化すれば、高額なショッピング枠現金化でも利用停止になる可能性は低いでしょう。

ただし、全く同じものを複数個購入すると怪しまれるので引越しや買い替えと称して、別の商品を決済するのがオススメです。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

信用情報がグレーな人は特に注意

信用情報がグレーな人は注意

カード会社は、ショッピング枠現金化に使われやすい商品というだけで、利用停止を決定しているわけではありません。 カード会員の信用情報をみて、複合的に利用停止の判断を下しています

クレジットカード現金化を使う理由は、お金に困っているからです。

このため、クレジットカードヒストリー(信用履歴)に以下のような情報があると、利用停止リスクはさらに高まります。

  • キャッシング枠を目一杯利用している
  • 過去に返済を延滞・滞納したことがある
  • 複数の金融機関から借り入れがある

この他、新しく作ったばかりクレジットカードも、現金化目的で新規作成したのではないかと疑われるため、現金化目的の決済は避けたほうがよいです。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

自分でやるよりクレジットカード現金化業者が安全

クレジットカード現金化業者なら安全

高換金率を重視すると、クレジットカード現金化によく使われる定番商品に誰もが考えつきます。 しかし、利用停止の危機から自分のクレジットカードを守りたいなら現金化業者を利用するのがおすすめです。

クレジットカード現金化業者は、自分でする現金化と違って手数料を支払う必要がありますが、それでも換金率は80%〜90%程度。

手続きは全てネットで完結するので、高値で売れる商品やお店を調べたり、商品を購入して買い取ってもらう手間を考えれば、安いといえるでしょう。

クレジットカード現金化
おすすめ優良店はコチラ

まとめ

クレジットカード現金化を利用すると、即刻カードが利用停止になるわけではありません。
クレジットカードが利用停止になる仕組みと対策をしっかりと把握しておけば、クレジットカード現金化をすることは可能です。
それでは、ここで改めてクレジットカード現金化を疑われてカードが利用停止になる仕組みと対策についてまとめておきます。

  • カード会社の自動検知システムが不正利用を感知すると、カードは一時利用停止になる
  • カードが一時利用停止になると、カード会社から確認の電話がかかってくる
  • カード会社からの確認の電話でクレジットカード現金化がバレると、カードは本格的に利用停止になる
  • 換金率が高い商品で現金化したり、キャッシング枠を使い切った状態で現金化すると、カード会社に疑われやすい

俗にクレジットカード現金化の定番商品と言われているものを決済すると、否応無しにカード会社に疑われてしまいます。

利用停止を遠ざけてクレジットカード現金化するなら、クレジットカード現金化の優良店を利用するのが1番です。

クレジットカード現金化において、カード利用停止のリスクは常につきまといますが、クレジットカード現金化比較プロに掲載している業者ならリスクは確実に減らせるので、ぜひチェックしてみてくださいね。